serious

IMG_0679.jpg



遂にリリース!

リアルクレセント74-serious-(シリアス)

IMG_0684.jpg


既にリップルフィッシャーのテスターであるしんちゃんが書いてあるので今さら自分が語っても何の説得力もありませんがw


自分もプロトの段階から触らせてもらい、現場で振らせてもらっていた立場なので、どれだけこの日を待ちわびたか…

触った事のある人はきっと感じる「棒のような張りの強さ」

現在のロッド市場で売れ筋のロッド、シャキッとしてるけど柔らかさもあり曲がるロッド。

しかしこのロッドはそんなありふれたロッドとは一味も二味も違う。



「尺」を視野に入れたロッド。
しかもオープンで荒さの無い場所だけでは無く、根の荒い場所、急なカケアガリ、そしてとびしまの激流、そんな場所で大型メバルやギガアジを仕留める為に作られた一本。

ロッドが魚のヒキを吸収するロッドも確かに良いロッドの条件だけど、そんなシビアでシリアスな場面では素早く強引に魚をボトムから引き離さなければならない。

それが可能な圧倒的なパワーを持つバット。
そしてキャストからアクションまで、アングラーの意のままに操作できるベリーからティップ。

それでいて感度はウルトラライトなロッドにも劣らない。

最初にキャストした時の感動は今でも覚えているけど、8ft以上のロッドでも届かない場所までリグを運んでくれた。

これほど惚れたロッドに会ったのは初めてだと思う。


それを可能にしたのはリップルフィッシャーさんの熟練の職人によるハンドメイド。
本当に真面目な物作りの賜物だと思う。

それに加えてPOSEIDONの岡部店長がテストを繰り返した結果が産んだ一本。

とびしまのレジェンドとまで呼ばれている岡部さんが作ったこの一本を使ってみて否定できるアングラーは恐らくコアなとびしまアングラーには一人も居ないとさえ思ってしまう。

まだまだ数度使用しただけのロッドですが、これから色んな魚と対峙するのが楽しみでなりません(^^)

ちなみにロッドを受け取りにPOSEIDONに伺い74の山を見ました(笑)

数十本の入荷があったにも関わらず受注した数にはまだまだ足りないらしい…

気になる人はお店に展示してあるのでPOSEIDONへ~


シビアな状況でも
リグを思いのまま操り
アっという間に魚を浮かせ
スばらしい釣り人生に。

すみません、つまらない事言いました(爆)
スポンサーサイト
[ 2015/02/24 00:00 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuki7bukai.blog.fc2.com/tb.php/374-866d8f60