スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月夜のデート

この日は嫁とイカデート(笑)

ウチの嫁は本当によく釣ります(^^;
理由は基本に素直だからだと思う。

教えられた事だけを忠実にやる。
今のメディアには沢山なんとかジャークって、まるで必殺技みたいなパターンがあるけど嫁は2段、3段のオーソドックスなシャクリのみ。

自分がエギングに最も重きを置くべきだと思うのはアクションではなくラインコントロール。

キャストしてから流れにラインを持ってかれない様にボトムへ送る、アクション入れる時のラインスラックの調整、フォール時のテンションの掛け方。

これを少しだけ変える事でエギの動きはかなり変わると思う。
基本のシャクリさえ出来ていればエギはしっかりアクションしてくれる。そして、綺麗にフォールしてくれる。

それを邪魔しないようにラインをコントロールする。
またはラインテンションを利用してカーブフォールさせたり流れに乗せてドリフトさせたり。


昔は自分にもエギングを教えてくれた人がいた。
本やDVDなんかも買って一生懸命勉強したけど、やっぱり良く釣る人に現場で教えてもらった事が一番身に付き上達に繋がったんだと思う。

そして人並みに釣れるようになってからは「釣れない」と言うビギナーの知人、友人達を何人か分からないくらいレクチャーした。
シャクリは一通り勉強している人が多かったけど、釣れない人には共通点があった。
それがラインコントロール。

このライン捌きが個人的には一番重要だと思う。

そしてそこを直してあげるだけで皆釣るようになってくれた。
僕より釣るようになる人も(笑)

まだまだ個人的な考えを書きたいけれど、長くなるのでまたいつか(笑)

そしてもちろん釣れる釣れないの要素にもなるエギ。
このエギじゃなきゃ釣れないって場面は絶対にない。

一番大事なのはそのエギの特徴を理解し、そのポテンシャルをアングラー側がしっかり活かす事。

僕がスタッフを務めさせてもらってるエコギアのフィッシュリーグ、ダートマックスは、激流を切るようにキレのある横へのダートが一番魅力的だと思う。

IMG_0884_20151028214536fee.jpg

ダートマックスじゃないと釣れないなんて事はありません。
ただ良く釣れるエギなのは間違いなく、流れの早いエリアを釣るには最強だと思う。
そして信頼できるアイテムだからこそアングラー側のモチベーションにも繋がるし、それが結果にも繋がってくる。

現在メーカーには在庫が無く釣具屋さんに並んでるのが今季最後ですので是非早めにゲットして使ってみてもらいたい。


と、語るだけ語ったけど、僕の釣果これだけ(笑)

IMG_20151028_201254.jpg


ーTackle dataー
ロッド  DAIWA エメラルダスEX 84.5M-T
リール  DAIWA EXIST2508H
ライン  PE0.6号
リーダー 1.7号 
エギ    フィッシュリーグ ダートマックス 3.5号

嫁とのデートなので短時間だったけど、嫁も少しは楽しんでくれたようなのでヨシ♪

次回はまったり、いや、ガッツリやったります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日も応援ポチよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
[ 2015/11/02 00:00 ] エギング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuki7bukai.blog.fc2.com/tb.php/406-1c2041d2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。